Topic

「テロ等準備罪」新設法案 参議院で可決・成立!
牛歩戦術の時間切れで投票できなかった、3バカ議員
自由党の森裕子、社民党の福島瑞穂、又市征治3氏の投票行動が無効
山本太郎氏は「恥を知れ!」と絶叫して投票するキチ害議員。

 そんなアホなパフォーマンスしているから、中核派とか呼ばれてしまうのです。反対票すら入れられず、ただ議場をゆっくりと一周しただけって、これって棄権したのと同じですよね。投票を無駄にするなんて、それこそ有権者無視でバカにしているとしか言いようがありません。

【大爆笑】共謀罪採決!牛歩戦術を試みるも投票時間オーバーで無効票www焦る福島瑞穂と森ゆうこの姿が最高に笑える。
共謀罪については審議拒否するのに、加計学園については、文書を改ざんしてまで頑張るって民進党にとって重要な事とは、いったい何なのか分からない政党です。
「テロ等準備罪」新設法 可決・成立
NHK 6月15日 7時49分
「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案は15日朝、参議院で自民・公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決・成立した。
本法案は14日より参議院本会議の議題となったものの、野党側の徹底した妨害により大臣らの不信任決議案や問責決議案など、および内閣不信任案が出されたことから徹夜の国会となった。牛歩や不正投票などの妨害の中、朝7時45分頃、投票総数235票、賛成165票、反対70票、の賛成多数で可決された。
【「テロ等準備罪」成立】山本太郎氏は「恥を知れ!」と絶叫して投票、福島瑞穂氏らも「牛歩」で抵抗
 共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法が成立した15日午前の参院本会議では、自由党の山本太郎共同代表、社民党の福島瑞穂副党首らが、採決時にゆっくり歩いて投票を遅らせる「牛歩」戦術を展開した。牛歩を繰り広げたのは、自由、社民両党の統一会派「希望の会」の議員ら7人。
 伊達忠一議長は、演壇付近からぴくりとも動かない山本氏に対し「2分以内に投票箱を締める」と警告し、すみやかな投票を促した。結局、時間ぎりぎりに投票箱にたどり着いた山本氏は、「恥を知れ!」と絶叫して票を投じた。一方、福島氏ら3人は、伊達氏が投票を締め切った後に札を投票箱に入れたが、有効投票とは認められなかった。牛歩戦術は、平成4年のPKO(国連平和維持活動)国会などで繰り広げられた悪名高い抵抗戦術だ。手垢のついた手法をなおも用いる物持ちのよさには恐れ入るばかりである。まさに「55年体制の亡霊」(日本維新の会の足立康史衆院議員)と呼ぶにふさわしい醜態だった。

追加調査の結果受け あす参議院予算委で集中審議6月15日 14時38分
 自民党と民進党の参議院国会対策委員長が会談し、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる文書の追加調査の結果が発表されたことなどを踏まえ16日、参議院予算委員会で、安倍総理大臣の出席を求めて、集中審議を行うことで合意しました。
今の国会の会期末を3日後に控える中、自民党の松山参議院国会対策委員長と民進党の榛葉参議院国会対策委員長は、最終盤の国会の審議日程について協議しました。
 この中で、榛葉氏は、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる文書の追加調査の結果が発表されたことについて、「問題に対する疑念は晴れていない。
 重要な調査結果が示された以上、審議の場が必要だ」と述べ、予算委員会で集中審議を行うよう求めました。これに対して、松山氏も「追加調査の結果を、政府側もしっかり説明する必要がある」と応じる考えを示し、16日午後、安倍総理大臣の出席を求めて、参議院予算委員会を開き、集中審議を行うことで合意しました。
 前川文書があったとマスコミは勝利宣言しておりましたが、文書があっても中身の正しさが立証出来るわけでもないし、安倍総理に忖度して行政が歪められた証拠でもない。ネットでは、すでに文書の切り貼り改変や、メールの様式が古い事も書式が違う事も証明されているのに。調査して出てきた文書とタマキンと朝日が持ってた文書の中身が一部違うのも確定済です。資料の一部に文科省内で保存されてないものもあったわけで、当初の調査対象外の個人フォルダにあっただけ、「共有」フォルダじゃなく職員個人のローカル内マスコミの知識の低さが露呈するだけなのに、何を喜んでいるのか訳分かりません。
テレビでやっていた結論がこれでした「個人メモ」

 役人が書いていた個人的メモが、何故か政権批判の根拠にされていた。個人のメモなので違法性も無ければ何の価値もない文書。
マスコミは、もう逃げる気満々で笑うしかないです。
 多分、政権側は、議事録との相違を付きつけて、前川文書の信憑性を無くす戦術になると予想。「総理の意向」と言う文言を勝手に書き加えた人物はいったい誰だったのかまで調べないと。
 今回は、最初からもし文書が偽物でもタマキンや変態前川氏や民進党は叩かない申し合わせができていたと思いますよ。
日本のマスコミは、発狂状態なんですよ。中国共産党や人民解放軍の工作員と化して、懲りずに連日連夜の偏向報道とイメージ操作ばかり前川氏にテレビでしゃべらせた時から、撤退時期を逃していたんだと思います。
 この人の言葉からは、出会い系バーの言いわけと、私怨しか感じられなかった。朝日と玉木に文書渡したのは前川さんだと考える。そして、玉木の獣医師会との献金と獣医師家族の利権問題は?玉木や高井、江田五月もまた引っ張り出されちゃうの?加計学園側の名誉回復まで行かないと、民進党ヤバイのでは?

ドイツ銀行の破綻

なぜ今?「緊急事態」に備え国民に食料備蓄を呼びかける独政府 現実味を帯びてきたドイツ…